保育士は覚えておきたいペープサートとは?

この記事は約 2 分で読むことができ ます。

保育士として、必ず知っておかないといけないのがペープサート(正式名称はペーパーパペットシアター)♪

って、そもそもペープサートって何?って声が聞こえてきそうですが・・・

なので、今回はペープサートの由来や歴史をお話ししたいと思います♪

ペープサートとは?

ペープサートの由来
ペープサートは1948年頃に児童文化財として誕生しました。

「ペープサート」って名称は、ペープサートの第一人者でもある永柴孝堂氏が命名したもので、「紙人形劇」=「paper puppet theater」(ペーパー・パペット・シアター)を長いから短縮して造語にしたみたい^^

ペープサートの作り方

今では、本屋さんなどで作り方の本が売ってるから参考にしてみてね♪

ペープサート作成に必要なものは「はさみ、ものさし、のり、紙、テープ、割り箸」かな♪
三大文房具

ワンポイントアドバイス♪
ボンドやスティックのりで接着すると、割り箸が抜けることがあるから「でんぷんのり」がいいかも!

ペープサートの作り方1

まずは、文字と絵を作ります^^

次の厚紙を半分に折って角を丸くします♪
続いて、先ほど作った絵と文字を厚紙にのりで貼り付けます^^

ペープサート作り方2

さぁもうすぐ完成です(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!

ここで登場するのが割り箸(`・ω・´)♭

ペープサート作り方3

貼り付けた割り箸にまた、のりを付けてもう一つの厚紙(最初に絵を貼った厚紙に割り箸を付けたら文字の方の厚紙)を貼り付けて完成です♪

ペープサート作り方4

ペープサートのまとめ

いかがでしたか?

学生さんは、今のうちにたくさん作っておくといいかもしれませんね♪
保育士さんや幼稚園の先生は、休日などの息抜きに作ってみてくださいね^^

非常に簡単に作れるから、たくさん準備しておきたいですね^^

子ども達と一緒に作ってみてもいいかもしれませんね(๑˃̵ᴗ˂̵)و

この記事を書いている「けんさんとみぃ」って誰?

コメントを残す