待機児童問題の解決には家庭的保育(保育ママ)が必要?

待機児童問題を解決キーは「家庭的保育」にある?
イギリスでは、5歳から16歳までの11年もの間、義務教育が無償となり子どもを育てやすい環境が整っています。

イギリスにいて感じたことは、街でおむつ換えや授乳で困っているママがいると、見かねたベテランママが声を掛けて、手伝ってくれる国であり、

3歳以上からイギリス国籍かEU加盟国籍の親であれば、公立保育園が無料で子どもを預かってくれます。

プレイグループといって、子供が集団で遊びながら社会性を身に着けさせる公的制度もあります。

チャイルドマインダーの資格を持つ人が、生後8カ月から8歳までの子供を自宅で見る保育制度もある充実ぶりです。

イギリスと日本の保育環境に違いはどこにあるのでしょうか?
待機児童問題の解決には家庭的保育(保育ママ)が必要?