おむつかぶれの症状・原因・対策方法は?

この記事は約 5 分で読むことができ ます。

赤ちゃんのすべすべした、お尻は触ると気持ちよくって、見た目にも可愛らしいですよね^^

そんな可愛いお尻ですが、おむつかぶれで真っ赤になりやすいので、日々のケアが大切です^^;

赤ちゃんのおむつかぶれの症状や原因、対策、治療法は何がある?

赤ちゃんの、おむつかぶれの症状は?

おむつの当たる部分が赤く炎症を起こして、小さな発疹ができたり、ただれてしまうケースも・・・;_;
更には、酷くなると真っ赤に腫れ上がり、かさぶたになってしまうこともあります・・・

ただ、よく似た症状に「皮膚カンジダ症」という病気もあるので、自己判断せずに必ず掛かり付けの医師にご相談ください;_;

赤ちゃんの、おむつかぶれの原因は?

おむつかぶれの原因は?
おむつかぶれの原因は一つだけではなく、様々な要素が絡み合って起こります。
一番の原因はおしっこや、うんちの刺激ですが、おむつ内の環境も影響します・・・

かぶれの原因 かぶれる理由
おしっこ おしっこには、体内の老廃物などの肌を刺激する成分が含まれています。
うんち 腸内細菌や酵素などの刺激物がいっぱいな為、おむつかぶれに。
汗や蒸れ おむつの中は湿気がで大変なことに!
蒸れた皮膚は傷つきやすいため、排泄物の刺激を受けやすいです。
刺激 軽く擦ったつもりでも、デリケート肌のため、細かな傷がつき、
そこから炎症が始まります。
カビ 蒸れたおむつの中はカビが繁殖しやすいです。
万が一、治りにくいなら、カビによる皮膚炎を合併している可能性も!

私の赤ちゃんの、おむつかぶれに有効だった2つの方法とは?

おむつかぶれ対策に有効な2つの方法とは?
一般的なおむつかぶれの対策と言えば、こまめにおむつを取り替えて清潔で乾燥した状態を保つことだと思います^^

うんちの場合は、汚れを残さないように、しっかりと拭いてあげて、しっかりと乾かしてからおむつを履かせるようにすることだと思います^^

もちろん、それで問題はありません^^
私(みぃ)の子どもに実際に有効?だった、おむつかぶれ対策があります^^

おむつの使い分け!
おむつはいろいろなメーカーがあり、どれがいいか、悩みます・・・
うちの子は〇〇メーカーだとおむつかぶれしたけど、他の子は大丈夫だったとなど、こればっかりは実際に試してみないとわからないですけどね^^;

私の子ども達の経験では、パンパースやマミーポコ、グーンは長時間履かせているとかぶれやすかったのですが、メリーズは大丈夫でした^^

でも、パンパースは当時後ろのギャザーがないせいか、背中辺りからのうんち漏れが多くて、夜中に大変な目にあい結果メリーズで落ち着きました^^;

ただ、ここで問題が・・・メリーズが割高ということ・・・;_;
毎日使うものだから、出費が激しくて;_;

なので、家計を抑えようと昼間など、おむつを頻繁に替える時間帯はマミーポコにして、寝る時間になったら、メリーズに替えて使い分けをしていました^^

かぶれてしまったら、お尻拭きを使わない^^
もちろん、普段はお尻拭きを使いますが、少し赤くなってきてるなと思ったら、ぬるま湯で洗い流してコットンで拭くようにしてます^^

薬を塗って、おむつを変えても「おむつかぶれ」が治らない場合は、拭き方を変えることで改善するケースもあります^^

赤ちゃんの、おむつかぶれ対策方法は?

おむつかぶれ治療法は?
赤ちゃんのおむつかぶれ対策は、そもそもの予防として、こまめにおむつを替えること^^
赤ちゃんが泣いて訴える前に、定期的におしっこや、うんちで汚れていないかをチェックして、常に清潔な状態を保ちましょう^^

ただ、それでも肌が赤くなりかぶれてしまうこともあります;_;
そんな時の対策方法として、こんな方法があります^^

座浴をする

赤ちゃんのお尻だけを、お湯に入れてあげる入浴方法です^^
お尻拭きで拭くと、どうしても摩擦で傷つけてしまいますが、お湯でなら優しく洗うことが可能です^^

万が一、おむつかぶれになっていたら、1日3回、朝昼晩と座浴をしましょう^^
但し、座浴の後はしっかりと、水分を拭き取ることを忘れないように!

水分が残ったままだと蒸れてしまい、結果かぶれる原因になります。
お尻を拭く際は、タオルでお尻の水分を吸い取る感じで、拭き取ってあげて下さい^^

ワセリンを塗る

ワセリンは、蒸れから肌を守ってくれます^^
また、皮膚から水分が出ないように、保湿もしてくれるため、予防にも最適です^^

塗る時は、おむつ替えや入浴後、水分を拭き取ってから塗るようにしましょう。
※ワセリンはおむつかぶれを治すためのものではなく、あくまで予防策です。
症状が酷い場合は、ワセリンなどは塗らずに、小児科へご相談ください。

馬油を塗る

おむつかぶれした場所に、馬油を塗ります^^
馬油は無添加の自然素材で、成分も人の皮脂に近いので、赤ちゃんみたいな敏感肌にも使用できます^^

また、かぶれた部分に塗ってあげることで、皮膚に膜を作り、おしっこやうんちなどの汚れから守ってくれます^^
ワセリン同様に、おむつ替えやお風呂上りなどの、清潔な状態の時に塗ってあげることで、おむつかぶれの予防に最適です^^

ただ、馬油にもいろいろな種類があり、どれがいいのか迷いました・・・
やっぱり、大切な赤ちゃんのためにも、無添加にこだわり探してた時に、ママ友に薦められたのが、ミルキーベビーローションでした^^

赤ちゃんへのスキンケアだけじゃなく、手がすぐカサカサになる私はハンドクリームとして、旦那の顔がカサカサで粉吹き状態になるから、保湿ケア用に、私のお母さんも年をとって皮脂が不足しがちだから、保湿ケアに使えるので、未だに愛用しています^^

もし、ワセリンや軟膏、馬油など、どれを使用したらいいかお困りであれば、検討材料にどうですか?^^
詳しくは公式ホームページをご覧ください^^
 ドルチボーレ ミルキーベビーローション

赤ちゃんの、おむつかぶれのまとめ

軽度のおむつかぶれであれば、ちょっとしたケアや気配りで、簡単に治すことができます^^
赤ちゃんの体質的な問題もあるかもしれませんが、普段からケアを心がけたいですね^^

但し、あまりに酷かったり、長引いたりするようであれば、しっかりと掛かり付けの医師に診断をしてもらい、薬などを処方してもらうようにしてくださいね^^

きっと慣れない子育てで、大変かもしれませんが、おむつ替えの時は、赤ちゃんのお尻に炎症がないか、しっかりとチェックしてあげてくださいね^^;

この記事を書いている「けんさんとみぃ」って誰?

コメントを残す