初節句のお祝いは?

この記事は約 2 分で読むことができ ます。

赤ちゃんが生まれて初めて、最初に迎える節句のことを初節句といいます。
子どもの無病息災を祈り、健やかな成長を祈ってお祝いします^^

初節句は、子どもの健やかな成長を願う大事なイベントなので、両家のおじいちゃんとおばあちゃんを招いて、家族と一緒にみんなで盛大にお祝いしましょう^^

ところで初節句って何?

初節句

生後初めて迎える節句で、女の子の場合は3月3日の桃の節句で、男の子の場合は5月5日の端午の節句になります。
主に端午の節句では鎧兜や武者人形、こいのぼりを飾り、桃の節句にはひな人形を飾るのが一般的です^^

もし生後3ヶ月に満たない内に、これらの節句が来るようであれば、翌年に行えば問題ありません^^

男の子の初節句のやり方は?

男の子の初節句は?
一般的には、鎧兜と武者人形を飾りってちまきと柏餅をお供えます。
また外には、こいのぼりを立てたりします!

お祝い膳は決まりがないので、子どもの好きなものを用意すればいいと思います。
飾るタイミングは、家庭によっては一夜飾りをするところもあるようですが、1週間程前から飾るのがいいとされているようです。

女の子の初節句のやり方は?

女の子の初節句は?
一般的にはひな人形、桃の花飾りと白酒にひなあられ、菱餅をお供えます。
お祝い膳はちらし寿司、ハマグリのお吸い物を準備します。
こちらも飾るタイミングは、1週間程前から飾るのがいいとされているようです。

最後まで読んでくださってありがとうございます^^
今日も笑顔が一つ増えますように^^

この記事を書いている「けんさんとみぃ」って誰?

コメントを残す