保育園の入所内定が取り消し?知っておきたい面談内容とは?

この記事は約 4 分で読むことができ ます。

「ついこの前、保育園の面談に行ってきました・・・」と語るのは、22歳ママです。
初めてのことで、面談をする理由も意図も分からず、納得がいかなかった模様。

そもそも、保育園の面談って何なんだろう?

保育園で行う面談って何?

実は、保育園に入所するまでに、面談が行われることが一般的なんです。

また、認可保育園と認可外保育園や、更にはお住まいの地域によっても違いがあるとのこと。

入所の判断に関しては、入所希望の保育園がある役所の自治体が行っています。

もし、入所までの流れを知りたいママは、以前の記事で掲載していますので、よかったら覗いてみてください^^
>>知らないとかなり大変!保育園への入園申し込み方法とは?

面談には2つのパターンがあります。

保育園への入所内定後の面談って?

保育園の面談って何?

必要書類を提出し、その書類のみで内定された場合は、自治体から保育園側との面接の通知が届きます。

一般的には、面談形式で行い、その結果によっては、入所の内定が取り消しされることもあります。
※実は、今回お話を頂いたママも、私(みぃ)も取り消されました。

その時の面談内容は、

  • お子さんのお家での過ごし方
  • お子さんの健康について
  • お子さんをいつ、誰が、どのようにして送迎をするのか
  • ママの仕事場、また通勤時間など
  • この保育園を希望する理由
  • 保育園の特徴や、細かい注意事項を説明

など、聞かれたり、お話してくれたりします^^

保育園の入所内定前に行う面談とは?

書類申し込み後に、自治体の職員が面談するケースがあります。

主に第1希望の保育園で行われるケースが殆どで、申し込み状況を教えてもらい、
その段階で、希望の保育園を変更するケースもあるようです。

また、お住まいの地域や、保育園によっては個別面談ではなく、集団での面談や面接があります。

点数制なので、しっかりと入所が必要な旨を伝える必要があります。

その際の面談内容ですが、

  • 入所したい理由や、第2希望に選んでいる保育園を聞かれます。
  • 申込書に記入した入所申込理由を具体的に聞かれます。
  • 父母の状況(復職はいつからか、疾病等があるかどうか、自営業であれば、その職場での保育は可能かどうかなど)
  • 祖父母の状況(同居か、近所にいるのか?同居や近所なら保育できない理由は何か?など)
  • 兄弟姉妹の状況
  • お子さんの健康状態(アトピーやアレルギー、障害があるかどうか)

もちろん、この他にもいろいろ聞かれることもありますが、一番聞かれることが多い内容は以上になります^^
また、内定前にしても内定後にしても地域によって、面談場所も、内容も違いはあることをご了承ください。

保育園の面談で気を付けたいことは?

面談時に気を付けたいことは?

よく、「面談に行く時ってどんな服装で行く方がいいですか?」など聞かれますが、

普段着で、全く問題ありません!
※私立、公立保育園のどちらも大丈夫です。例外としてお受験対応のセレブ保育園はどうかは知りませんが・・・(私は一般人のため^^)

ジーンズで来るママもいました^^
カジュアルな服装で大丈夫ですよ^^

たまに、超ド派手な服装で、アクセサリーもじゃらじゃら付けてくるママも居ましたが、減点される可能性は高いので止めましょうね^^
※本当に保育が必要な人のための、保育園ですから^^

あと、社会人としての最低限のマナーがあることですね^^

挨拶ができる、時間厳守、言葉遣いなどは注意が必要です。

保育園での面談や面接のまとめ

これもまた、良く聞かれるんですが、「夫婦の就労状況での優先順位はあるの?」、「祖父母が健康で無職だとダメなの?」、「もし、子どもがアレルギーやアトピーがあったらダメ?障害はどう?」など。

まず、優先順位としては、母子家庭や生活保護受給家庭は、優先順位が最も高いです^^
続いては、ママもパパも共に正社員の場合です。

祖父母が健康で無職についてですが、待機児童が多い保育園の場合は、ほぼアウトです・・・(但し、遠方にいる場合はこれには該当しません)

また、アレルギーやアトピーについては、一般的に多いので、断られることはないはずです^^
※必ず何のアレルギーかなどは、伝え忘れのないようにして下さいね^^

ADHD(注意欠陥・多動性障害)などの障害については、今では、対応可能な保育園が多いので、
障害が原因で入所できないというケースは、無くなってきています^^

私が思うに、面談や面接時は、しっかりと希望動機を伝えることが大事かなと改めて感じました^^

この記事を書いている「けんさんとみぃ」って誰?

コメントを残す