赤ちゃんの生後0~1ヶ月の間にしておきたいことは?

この記事は約 4 分で読むことができ ます。

生後0~1ヶ月にすることって何?
初めての出産には戸惑いも多いかも?

周りに出産経験がある、ママ友や母親が居れば聞けたりもするけど、
ここでは出産後にやること、また、赤ちゃんへの接し方などの基本をマスターできればなと思います^^

出産したらまずやることは?

出産後にまずやることはコレ!

いつまで? 申請・問合せ先は? 必要な物は?
赤ちゃんの健康保険加入手続きをしよう! 出産したらすぐにでも! 居住地の役所か勤め先や健康保険組合 母子手帳・健康保険証・申請者の預金口座
乳幼児の医療費助成をしよう! 出産したらすぐにでも! 居住地の役所へ 赤ちゃんの名前の載っている保険証・申請者の預金口座
児童手当の手続きをしよう! 出産したらすぐにでも! 居住地の役所 世帯主の預金口座・印鑑・申請者の健康保険証
出生届けを出そう! 生後14日以内 居住地や出生地の役所 出生届出書・母子手帳・印鑑

生活リズムは赤ちゃん寄りへ

生活リズムを赤ちゃん寄りに変えよう!

新生児の赤ちゃんは、おっぱいやミルクを飲んでは寝ての繰り返し^^
お腹が空いたり、おむつが濡れたりすると泣いて訴えます!

始めの頃は、何で泣いてるのかきっと分からないかもしれません。
でも大丈夫!慣れてくればきっと気付くはず^^
消去法みたいに、一つずつ探ってもいいし^^;
おむつを覗いてみたり、おっぱいを上げてみたり、テレビや外の音がうるさくないか、部屋の中が寒過ぎたり暑過ぎたりしてないか!

ちなみにおしっこは1日に10回程、うんちは多いと8回程します!
かぶれ予防の為にも、泣いたらまずはおむつをチェックしてみるのもいいかも♪

泣き方チェック!
実は泣き方で、ある程度は判断できるって知ってました?^^

  • Neh(ネェ)ならお腹が空いた時に出す音で、泣く時にもし舌が見える泣き方ならおっぱいを挙げましょう!
  • Heh(へエ)ならおむつが濡れてたり暑さ等で、汗をかいて気持ちが悪い時に出る泣き方の音です!
  • Owh(オォ)なら眠たい時に出る音です^^どことなくあくびに似てるかも?
  • Eairh(エアー)なら胃や腸にガスが、溜まったことが原因でお腹が痛い時に泣くと出る音になります!
  • Eh(エッ)ならゲップしたい時に出る音になります♪
分かりにくいかも!?
  • オギャーオギャーとリズミカルならお腹が空いた合図。
  • お腹が空いた時は他にも手足をバタバタしたり、指を口に持っていったりしながら、泣くようならお腹が空いた合図があります^^
  • ぐずるように泣いて、ママの服や布団などに顔を擦り付けるなら眠い合図。
  • ギャンギャンと、激しく泣くならどこかが痛いって合図。

これらを出来る限り、チェックすれば案外気付けるかも♪

授乳のリズムが出来るまでは頻繁に授乳しよう!

授乳しよう!

母乳の場合は、始めの間は出がよくないですし、赤ちゃん自身もまだ胃のサイズが小さいからそんなに量も飲めません;_;
また結構、飲んでる最中に満足して眠ったりもします^^;
ただ、赤ちゃんに母乳をあげている内におっぱいは出るようになりますし、また授乳の間隔も気にせず、もし欲しがるようならしっかりと授乳しましょう^^

しっかりと、赤ちゃんとコミュニケーションを取ろう♪

イクメンしよう!

実は赤ちゃんが安らぐのは、ママやパパの優しい声やスキンシップなんです♪
この頃の赤ちゃんは、皮膚の刺激にも非常に敏感で、優しく触れられたり抱っこされたりすることで気分が良くなります^^

また必ず、「おっぱいは、おいしい?」や「上手に飲めたねぇ」「おふろに入ってさっぱりしようね♪」など優しく語りかけてあげることで、安らぐ上に自然と親子の信頼関係が生まれます!

赤ちゃんのための、お部屋作りをしよう♪

赤ちゃんのお部屋作り

安全で清潔なお部屋に、赤ちゃんを迎え入れてあげよう♪
生後1ヶ月くらいまでは、一日の大半を寝て過ごします(*^_^*)
万が一赤ちゃんが、泣いてもすぐにお世話できる場所にベッドやお布団を準備してあげましょう♪
もちろん周囲に落下の危険性があったり、エアコンの風が直接当たってしまったりするのはダメです!

ちなみにお部屋の温度は、外気温との差が±5度が目安です!夏や冬はエアコンで室温管理を心掛けましょう!
湿度は、大体60%くらいが理想と言われています!

またカビやダニの発生を防ぐ為にも、窓を数回は開けて換気をしましょう^^

赤ちゃんの背骨はまだ柔らかい為、寝かせるお布団は負担がかからない硬めのものを選びましょう!
また枕は必要ないですし、よく汗をかくので素材は丸洗いできる綿やガーゼにしましょう♪

この記事を書いている「けんさんとみぃ」って誰?

コメントを残す