生後10ヶ月頃で伝い歩きをする子も!

この記事は約 2 分で読むことができ ます。

いよいよこの時期になると、つかまり立ちも安定して伝い歩きする子も出てきますね♪
ここまで来るとかなり成長しているので、指を使った細かい動きが出来るようになる子も!

では具体的にどのように、変わってくるのでしょうか?
また、その特徴は?

生後10ヶ月~11ヶ月の、赤ちゃんの特徴は?

生後10ヶ月~11ヶ月の赤ちゃんの特徴は?
殆どの赤ちゃんは、つかまり立ちをするようになって、伝い歩きを始める子もいます!
指先の細かい動作を、左右同時に行えるようになる為、おもちゃを打ち合わせたりする子も^^

また自分で食べたいって欲求も出てくるため、手づかみで食べようとすることもあります!

また、自分の意志表示で泣いて訴えていたことが、少しずつ減り興味があれば手や指でその方を指すようになります!

また言葉の理解も深まるので、簡単なあいさつなら理解できたりします♪
「バイバイは?」と言えば手を振るなど^^

つかまり立ちが、安定するもののまだ動きがぎこちない為、歩く際はよりスピーディにハイハイで移動することも多いみたい^^;

手先が器用になる為、いたずらが絶えません!
ママもパパも注意が必要かも!

手づかみのメニューを、増やしてあげましょう♪
手と口を連動させられるようになるので、自分で食べたい時は手づかみで食べる赤ちゃんもいます^^

手づかみは下品、行儀が悪いと思われがちですが、この時期の手づかみ食べはスプーンや、フォークを使う動きの基になる為止めさせないようにしましょう!

誤飲を防止しよう!
電池やお薬、タバコ、ハサミ、カッター、画びょうやクリップなど危険な物は手の届かない場所にしまいましょう!
引き出しを、開けられるくらい器用になります!

この記事を書いている「けんさんとみぃ」って誰?

コメントを残す