立っちやあんよをしだしたらどんなお部屋にするべき?

この記事は約 3 分で読むことができ ます。

この時期になると手先を器用に動かせるようになるので、いたずらが原因で事故に発展するケースも・・・

また歩き方もまだまだおぼつかないので、よろけた時に怪我をしてしまうケースもあります。

なので、この時期ならではの危険ポイントが、いくつかあるのでしっかりとチェックしましょう!
では具体的にどのあたりが、危険な箇所なんでしょうか?

立っちやあんよをする頃には、どんなお部屋作りをしたらいい?

立っちやあんよをする頃にはどんなお部屋作りをしたらいい?

この頃になると、家中歩き回るから各部屋の対策をする必要があります!
大体床から65cmまで視界が広がる為、ローテーブルやローボードなどに置いてあるものがよく見えます!

そこに何か物があると、触ったり持ったりしたくなるのが子ども・・・
まだまだ歩き方がおぼつかないので、よろけた拍子にぶつかったりする危険性も・・・

玄関や階段は、どう対策するの?

赤ちゃんには階段は危険がいっぱい!

玄関は、必ず施錠しましょう!勝手に開けて挟まるケースも十分あります!
また階段を上り下りできる赤ちゃんなら、一緒に付き添いましょう!

ないとは思いますが、階段に物を置かないように!
つまずいて、転落の危険性があります!

寝室は、どう対策するの?

赤ちゃんのお部屋作り
ベビーベッドには余計なものを置かないように!
意外と多いのが物を置いておくことで、それを踏み台にして転落してしまうケースが・・・

他にもやたらといろんな物を舐める赤ちゃんも多いので、コンセントプラグを舐めてしまい感電するケースもあります!

使わないコンセントは抜く、もしくは専用のグッズなどで覆い被せましょう!

リビングは、どう対策すればいいの?

赤ちゃんにとってはリビングも危険がいっぱい!
リビングはどうしても、物がいっぱいになるから危険もいっぱい!
家具にぶつかって転んだり、置いてあるものにつまずいたり、除湿機、加湿器、扇風機などにいたずらをして怪我をするケースも・・・

そんな時は危険防止グッズを利用したり、ゲージで囲ったりするのもありかな♪
実際に犬用のゲージを買って、その中に除湿機や加湿器、扇風機を入れて赤ちゃんや子どもが触れないようにして使ってました!

ママやパパにしたら面倒だけど、赤ちゃんのことを思えばね^^

お風呂は、どう対策すれば?

お風呂場は?
恐いのが溺水!
なので、お風呂も洗濯機も、水は必ず抜いておきましょう!

また、踏み台になるようなものは置かないこと!
浴室は、そもそも施錠しましょう♪

洗面所には、ゲートをつけるのもありかな^^

ダイニングキッチンは、どうすれば?

赤ちゃんにはキッチンにも危険がいっぱい!
床から65cmn高さにあるものは、大体全て見えるのでその位置には物を置かないこと!
とくに電化製品や刃物は絶対にダメ!

また、食事を作る際に熱い料理をテーブルなどに置きがちですが、届く高さのテーブルなら置かないように!
火傷の危険性が!

今はあまりないとは思いますが、テーブルにテーブルクロスを敷いているなら敷かないようにしましょう!
引っ張って上の物をひっくり返す危険性があります!

成長と共にしっかりと、赤ちゃんの目線を把握することが何よりも重要だと思います!
目線を計ったら、家具などの高さもしっかりと測りましょう!

全ては、大切な我が子の為なんですから^^
ちょっと目を離した隙に、大事故になるケースもありますから本当に気を付けましょうね!

この記事を書いている「けんさんとみぃ」って誰?

コメントを残す