生後9ヶ月からの離乳食の変化は?

この記事は約 2 分で読むことができ ます。

離乳食は1日3回にして、手づかみも体験させましょう♪
この時期になるととうとう?好き嫌いや食べむらも出てきます・・・^^;

但しあまり神経質にはならずに、生活リズムを見直して1日3回の離乳食を食べられる環境にしていきましょう♪
実際にどんな感じに変化し、食べさせていくのでしょうか?

生後9ヶ月からの離乳食は、どのようにスタートするの?

離乳食を食べさせよう!
スタートの合図としては、生後9ヶ月頃になり口がモグモグ動き、食べ物に手を伸ばすなど食べたい欲求があったり、手づかみで食べたり、ある程度の固さのものを食べられたり、お座りが安定したりなどが見られたら回数を増やしてもいいかなと思います!

食べさせ方は?

コップで飲む練習!
この時期は赤ちゃん自身の一口の量を覚えてもらう為にも、手づかみで食べさせることが重要になります!

テーブルの高さや、椅子と体の距離を調整し食べやすい距離にします^^
もし上手くいかないようなら、スプーンで口に運んであげても大丈夫です!(^^)!

栄養のバランス比率は?また食材はどんな物?

ちょっと気になる?
このあたりから、離乳食で取る栄養素の方が多くなってきます!
割合としてはおっぱいやミルクからの栄養素が、40%くらいで離乳食が60%程になります♪

また食べられるものが増える為、献立のバリエーションも増える時期かな!(^^)!
刺激があるものや、かみ切れないものと生ものはダメです!
豚肉や牛肉、青魚も食べられるようになります♪

品数や量はどれくらい?

ちょっと気になる!
出来る限り、手づかみで食べるものを一品は用意しましょう♪

炭水化物やタンパク質、ビタミンの3種類をメインに4品程度用意してあげてくださいね(*^^)v
量として始めは、子ども茶碗1杯弱から始めて徐々に増やしていきましょう♪

この記事を書いている「けんさんとみぃ」って誰?

コメントを残す