抗ミュラー管ホルモン検査とは?

この記事は約 1 分で読むことができ ます。

抗ミュラー管ホルモン検査とは、通称AMH検査と呼ばれています。
卵巣から分泌されるホルモン数値から、卵巣の年齢を算出します。

別名、卵巣年齢検査とも言われ、最近話題を集めている検査だそうです!
実際、どんな検査なんでしょうか?

抗ミュラー管ホルモン検査とは?また方法は?

抗ミュラー管ホルモン検査とは?

残された卵子の数を調べるために行うのが、抗ミュラー管ホルモン検査です。
抗ミュラー管ホルモン検とは、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンです。

AMHは、原子卵胞から育つ「前胞状卵胞」で作られている為、AMHの値と原子卵胞の数は比例すると考えられているそうです!

AMH数値を血液検査により測定し、卵巣年齢を推定します。

抗ミュラー管ホルモン検査の注意点は?

あくまでも予測なので、実際の卵子の数を計っているわけではないため、
AMH値が0でも妊娠の可能性は0ではありません。

費用はどれくらい?

検査を受けるクリニックなどにより、金額に差がありますが大体5,000円~10,000円くらいです。
但し、不妊治療の一環でしか検査を受けつけていない病院もあるようなので、事前確認が必要です!
更にこの検査は保険適用外なのでご認識を・・・

この記事を書いている「けんさんとみぃ」って誰?

コメントを残す