栃木県の保育士から見た、待機児童問題について

栃木県の保育士から見た、待機児童問題について
待機児童について、ニュースになっていますね。
それは、主要都市だけではありません。

栃木県でも年々待機児童は増えています。
特に昨年から今年にかけては、私の周りでも、「保育園に入れなかった」と肩を落とすママ達の声が多数聞こえてきます。

少子化の今、なぜ待機児童が増えているのか。
今後どうすれば、ママ達は安心して働きに出かけ、子どもたちは笑顔で楽しく毎日を過ごせるのか、考えていければと思います。(๑•̀ㅂ•́)و✧

今回は栃木県在住の保育士さんにお話を頂きました!

栃木県の保育士から見た、待機児童問題について

待機児童が少ない理由!子育て支援コンシェルジュにあった!

待機児童が少ない理由!子育て支援コンシェルジュにあった!
働き続けたいママたちにとって重要な保育園問題。
「保活」という言葉ができるほど、保育園に入所できるかどうか、子育て家庭にとっては重大な問題です。(╭☞•́⍛•̀)╭☞

そこで、千葉市の待機児童対策を例に、千葉市在住のママさんと待機児童問題について考えていきましょう。(๑˃̵ᴗ˂̵)و

待機児童が少ない理由!子育て支援コンシェルジュにあった!

ベットタウン埼玉県で増加する待機児童

ベットタウン埼玉県で増加する待機児童
待機児童問題は、常にニュースに取り上げられるようになってしまいましたね。

都内の問題が多く取り上げられる中、都心で働く人々のベットタウンである埼玉県でも深刻な問題が発生しています。

今回のママさんがお住まいの所沢市では、昨年訴訟問題にまで発展した事例もあります。

2ヶ月の待機を経て保育園へ入園できた息子を持つ、ママさんの視点から待機児童問題をみていきたいと思います。
ベットタウン埼玉県で増加する待機児童

見つめ直そう!保育士という仕事を。

見つめ直そう!保育士という仕事を。
今回は、長崎県に在住の現役保育士さんに長崎県における、待機児童や保育士の現状をお話しして頂きます!

また、今回お話しして頂く、保育士さんはまだまだ若いながらもしっかりとした考えを持っており、今後自身で保育施設を運営すると日々頑張っている姿が印象的な方です^^

では、そんな保育士さんから見た、長崎県は南島原市の現状はどうなのでしょうか?

見つめ直そう!保育士という仕事を。